復讐依頼

一般的なイメージ通りではなく、あくまで合法的に復讐依頼をして恨みを晴らすにはどうしたら良いのか?というのを追求したブログです

復讐依頼の方法

復讐依頼の方法は至ってシンプルで相談→交渉→契約の流れで進んでいきます。


相談といっても結局のところ一般人ではネットで復讐屋を探すくらいが限界ですので、業者のホームページから問合せをするだけです。



交渉というのは復讐依頼の特性上どうしても均一な金額、要するに相場が分かり辛いということがあります。


同じことをしようとしても環境が違えば手段も変わってきますから、そこは業者と本人で折り合いがつく金額で依頼ということになってきます。


もし見積もりを出されて高いと思ったら頭ごなしに否定というのもダメですが、幾らか安くならないか聞いて見るのも大切でしょう。



交渉が終われば契約となりますが、その形態は業者によって千差万別なので相談の段階で流れを聞いておくというのも良いです。


結局のところ段階を追って1つずつクリアしていけば難しいことは何一つありません。


あまり急ぎ過ぎても中途半端な内容になってしまうので決めたらじっくり進めていった方が良いかもしれませんね。

復讐依頼で聞くべき説明

復讐依頼をすれば後は手放しで待ってれば良いというものではありません。


より堅い復讐をしていくには同時進行で相応の行動をとっていく必要があります。



分かりやすい例でいえばアリバイ作りです。


第三者が復讐を代行してくれていても、自分にアリバイがない場合に疑いをかけられる可能性は充分にあります。


それを回避するための行動というのは何れのケースでもやっておいて損がないでしょう。



このように必要な行動というのはあるものですから、復讐依頼と平行して代行者に聞いておくのも良いでしょう。


実行日時が分かれば準備もできますので説明してもらうことは重要かと思います。

復讐依頼に同行するとメリットが減る

復讐依頼をして実際にやっているか同行して見たいという考えの方も少なからずいると思います。


が、その選択は復讐依頼をするメリットを潰してしまっているといえます。



そもそも復讐依頼をするメリットというのは「自分がやらない」という点が大きいです。


言い換えれば現場にいない、アリバイがあるということですので同行するとそのメリットがなくなります。


そこまでして自分の目で確認しなくてはいけない相手に復讐依頼をするというのは本末転倒なのです。


しっかり信頼できる相手に依頼してこそ成立するのが復讐依頼です。



まずまずもって信頼できない相手に依頼をしない、それでいて実行中は自分のアリバイを確保する。


この動きがあってこそ復讐依頼のメリットを100%享受できるのです。


特にアリバイなんて要らないと思うかもしれませんが、単なる偶然でターゲットがあなたを想像したらどうなるでしょうか?


いくら実際に自分の手で復讐してないとしても相手に少しでも疑われたら終わりなのです。


同行するというのはそのリスクを高めてしまうということになります。

  • ライブドアブログ