復讐依頼

一般的なイメージ通りではなく、あくまで合法的に復讐依頼をして恨みを晴らすにはどうしたら良いのか?というのを追求したブログです

復讐依頼というのはそう簡単に取り下げできるものではない

通販などの一部でものを買ってから一週間以内であれば返品できる制度があったりしますが、復讐依頼においてはそのようなものがありません。


更にいえば復讐依頼というのは契約した時から業者が動きだすことになりますから、仮に交渉の末にキャンセルが聞いたとしても100%の返金は不可能でしょう。


コンビニでお菓子を買って少し食べてから返品してくれと言っているのと同じ、と考えれば常識的に100%は不可能なのが理解できることというか当たり前ですね。


ネット上のやり取りであれば相手が見えないから横柄になりがちと言いますが、横柄なことをすれば自分に返ってきますから気をつけたいところです。



そもそも復讐依頼というのは相手を恨んでいるからこそ依頼するのであって、それが途中で消えるということはありません。


しかし恨みが消えていないのに復讐依頼を取り下げるというのも理由が曖昧な感じがしますが、それは復讐依頼に対する決断が甘かったということかもしれません。


例えば復讐依頼をする業者をいまいち理解していないのに依頼をおこない、後になって不安になっただとか。


このような理由は全て独りよがりなものということになりますから、まずまずもって復讐依頼はしっかり考えた上でするべきでしょう。


自分で復讐をするにしても決断や考えが甘いと失敗する原因となりますので、しっかり白黒つけてから動くというのを基本にした方がよさそうです。

復讐依頼をして急かすというのは一番やってはいけない

復讐依頼をしたら即実行してくれると考えている方はいないと思いますが、自分が考えているよりも動きが遅かったというケースは多いと思います。


しかしそんな時に業者を急かすことは一番やってはいけないどころか、誰も得をしないということを覚えておいた方が良いでしょう。


なぜそう言えるかというのは、結局のところ復讐依頼の性質に対して考えてみると導くことができるからです。



まず復讐依頼というのは分かりやすい業種で言えば引越し屋のようなものだとイメージしてみると良いかもしれません。


部屋の下見をして荷物の量を割り出し、引越し先と現住所の距離を依頼主から聞いて見積もり、そして双方に折り合いがつけば日取りを決めて契約、実施日にいざ引越しです。


この流れは復讐依頼と非常に似ているものでターゲットの情報や復讐内容などを伝えて工作のプランを決定後に見積もり、双方が納得する金額で契約、そして実行です。



ここで盲点なのは似ているにしても契約前はおろか契約後も実行日を聞かないままでも済んでしまうという点で、聞かないでおくと思っているよりも遅いという心理になってきます。


しかし復讐を実行する業者側は実行日を決定しているのは当然のことで、すでに決めているのに急かされてしまっては良い気分はしないでしょう。


あまり質の良くない業者であれば適当な対応になってしまうでしょうし得をする方は誰もいないということになります。


だからこそ急かすくらいなら実行日を聞くくらいの対応をしなければいけないのでは、ということになるのです。

復讐依頼をお願いであって命令だと勘違いしていると痛い目を見る

復讐依頼というのは、大前提として自分が依頼主で客として復讐を業者に発注するということですが、これはお願いであって命令ではありません。


例えば宅配業者であれば、この荷物を指定の住所までキッチリ送り届けるという遵守すべき命令に近いものであることは間違いありません。


しかし復讐依頼では何から何まで命令に近い形で依頼してしまうことに大きなリスクがあります。



まず依頼内容が法に触れるものであった場合、実行した復讐業者はもちろんのこと依頼した本人も罰せらます。


これ以上に回避すべきリスクはありませんから、いかに命令形での依頼にリスクが潜んでいるかということが理解できると思います。


ですから依頼の形としてあるべきなのは内容をキッチリ指定した命令ではなく、大雑把な形でのお願いであるべきなのです。



もちろん依頼主として遵守して欲しいことはある訳で、ターゲットがどのような状態に陥っていることが必須かなど要項はあるはずです。


ですので必要なことはキッチリ伝えるとして、その上で要求を合法的に叶えることができるよう依頼するというのがリスクのない流れとなります。


世の中どんなことでも自分の思い通りに動いてくれないと嫌悪感を抱く方がいますし、その方を否定するつもりはありませんが復讐依頼においては危険なのです。

リンク集
タグクラウド
人気ブログランキング
ランキング参加中
ブログ王ランキングに参加中!

  • ライブドアブログ