復讐依頼

一般的なイメージ通りではなく、あくまで合法的に復讐依頼をして恨みを晴らすにはどうしたら良いのか?というのを追求したブログです

自分に復讐依頼をすれば業者の良し悪しが分かる

自分に対して恨みを持っている方というのもゼロだと思いますが、よほど復讐屋のことを信用していないけど信頼できる業者に依頼をしたい方にとっては良い探し方があります。


それが自分をターゲットとして簡単な復讐依頼をかけてしまうということです。


あまり本格的なことを頼んでも費用がかかるばかりか自分にそんなことを頼んでどうするという話になりますから、ごくごく簡単なことを頼むと良いでしょう。



例えば使い捨てのプリペイド携帯を用意しておいて、そこにかけさせてしまうとかですね。


使い捨てであれば特に痛手はないかと思います。


そうすることによって実際にきっちり復讐してくれる業者かというのは分かりますし、信頼度も上がるのではないでしょうか。



ただ、そこまでして復讐屋に頼む必要があるのか?という話もあります。


自分で復讐ができないのに他人すら信用していないという状況で、なおかつ誰かに頼ろうとしている。


これは非常に精神が不安定な状況といっても過言ではありません。


もちろん恨みが大きいと情緒不安定な状態になってしまいますから無理もありませんが。


しかし精神を落ち着かせて再度考えてみた方が良いかもしれませんね。



それでも復讐屋を使うということなら相談して、見積もりを取って依頼をするなり検証をしていけば良いかと思います。


あまりにも復讐心にかられていると周りが見えなくなってしまいますから、できるかぎり冷静に対処していくのが良いでしょう。

復讐依頼をすれば依頼者が完全に解放される訳ではない

復讐依頼をしたから依頼者は知らん顔で過ごしていれば復讐が終わるというのは若干間違った解釈です。


もちろん業者へ依頼したからには復讐は進んでいきますが、手放しで全く関係ないということにはできません。


なぜなら復讐依頼の内容で法的に問題があることを依頼した場合、依頼者も同罪となってしまうからです。


このデメリットを見逃したまま他人任せにできるからと過激な方法を復讐依頼してしまうと後が非常に困ります。



解決策としては言わずもがなですが法に触れるような依頼をしないということに尽きます。


いくら怨恨とはいえ合法的なことに対して法で咎めるということはできません。


だからこそリスクなく安心して経過を見守ることができるという話にもなってきます。



こと復讐に関しては依頼者が至上の存在という訳ではありません。


もっとも世の中お客様は神様と思っているような方も少数派になりましたが。


あくまで復讐依頼はするが、復讐屋とタッグを組むという考え方の方が良いかもしれません。


誰に頼もうとも「これは自分の復讐」であることを忘れてはいけません。



復讐屋に対する復讐依頼は自分の恨みを晴らす為の手段であって、もたらされる結果ではありません。


そこから復讐完了を経て依頼者の復讐は成功となりますから、そこまで手を抜かない方が良いという考え方もできますね。

復讐依頼は復讐屋と個人にできる

復讐依頼は掲示板と業者サイトで行なうことができますが、それぞれのサイトの特徴とは別に主に誰へ依頼できるかが異なります。


掲示板の場合は基本的に個人への復讐依頼、業者サイトは当然ながら該当する業者への依頼だと思っておけば良いでしょう。


そういうところも含めて初めて復讐依頼をするなら業者サイトでの依頼をオススメしています。



やはり個人だとやれることも限られてきますし、自分自身も最初は1人で復讐を進めようとしていたはずです。


それなのに個人への依頼だと代行してもらうという側面しかありません。


対して業者は複数人でやっているところが殆どなので複数だからこそできる復讐工作というのも実行が可能です。


明らかに1人で十分な内容であるなら代行だけでも十分なのですが、そのような判断や方法が分からないからこそ業者に相談しようとしているはずです。


結局のところ第三者を頼るなら業者に連絡しておいてデメリットがない訳です。



もちろん誰か協力者や仲間がいるなら話は別です。


自分たちにできないところを補ってもらうくらいの話であれば1人でも全く問題ないかもしれません。


ただ復讐はケースバイケースですから判断できない以上、復讐依頼をする先をオススメするなら業者ということにはなってしまいます。

  • ライブドアブログ