復讐依頼

一般的なイメージ通りではなく、あくまで合法的に復讐依頼をして恨みを晴らすにはどうしたら良いのか?というのを追求したブログです

復讐依頼をお願いであって命令だと勘違いしていると痛い目を見る

復讐依頼というのは、大前提として自分が依頼主で客として復讐を業者に発注するということですが、これはお願いであって命令ではありません。


例えば宅配業者であれば、この荷物を指定の住所までキッチリ送り届けるという遵守すべき命令に近いものであることは間違いありません。


しかし復讐依頼では何から何まで命令に近い形で依頼してしまうことに大きなリスクがあります。



まず依頼内容が法に触れるものであった場合、実行した復讐業者はもちろんのこと依頼した本人も罰せらます。


これ以上に回避すべきリスクはありませんから、いかに命令形での依頼にリスクが潜んでいるかということが理解できると思います。


ですから依頼の形としてあるべきなのは内容をキッチリ指定した命令ではなく、大雑把な形でのお願いであるべきなのです。



もちろん依頼主として遵守して欲しいことはある訳で、ターゲットがどのような状態に陥っていることが必須かなど要項はあるはずです。


ですので必要なことはキッチリ伝えるとして、その上で要求を合法的に叶えることができるよう依頼するというのがリスクのない流れとなります。


世の中どんなことでも自分の思い通りに動いてくれないと嫌悪感を抱く方がいますし、その方を否定するつもりはありませんが復讐依頼においては危険なのです。

復讐依頼は要望であって指示ではない

復讐依頼に対して誤解しがちなことの1つとして指示と要望を混同しているというものがあります。


あくまで復讐依頼というのは自分で考えた計画を代行してもらうということではないものだと思った方が良いでしょう。


正しくは自分が思い描く結末に向けて代行者が導いていくという性質を持っているものです。



なぜそうなるのかというと、誤解を恐れずにいえば素人の計画をプロが実行しても結果はたかが知れているからです。


復讐依頼を日常的に受けている業者からすれば、どうして共倒れするようなことをしなければならないのかという話です。


また依頼者も結果が出なければ意味がありませんから、指示通りに動いてもらったところで誰も得をしないのです。



とはいえ自分の要望通りの結果が出るかどうかというのは拘って良いところです。


あくまでも自分に代わってプロの復讐をもって期待している結果を出す、そこにフォーカスしていくべきでしょう。


どうすれば望む結果が出るのか、というところを重点的に業者と相談すると良い方向に向かっていくはずです。

復讐依頼後の最速は最も愚行だと思った方が良い

復讐依頼をしたら後は結果を待つだけという段階になりますが、ここで最もやってはいけないことが業者への催促です。


なぜならターゲットは人間なのですから、こちら側で勝手に復讐依頼を業者にしたからといって直ぐにチャンスがやってくる訳ではありません。


行動パターンなどを業者に伝えていたとしても、必ずその通りに毎日を過ごすような人がいるわけもありませんし、日数がかかる復讐というのもあります。



そして最も的確なツッコミどころとしては催促するくらいなら期日を先に決めてから依頼すべきなのでは?という話があります。


できるだけ急ぎたい気持ちは誰でも同じですが、やはり契約事というのは内容と期日、そして報酬というのが全て揃ってこそのものです。


期日はできるだけ早く!とだけの契約書というのは見たことがありませんし、最短で何日などといった表現になるのではないでしょうか。



以上のことから催促というのは復讐依頼をするときにやってしまった不手際が原因であり、それを無視して急がせるという行為にもなります。


コンビニに入って金を払っているんだから指定した商品を全部持ってこいというような横柄な方は下手をすれば追い出されます。


それと同じように復讐依頼をした業者も人なのですから、コストを支払った側がなんでもして良いという訳ではないのです。

  • ライブドアブログ