復讐依頼

一般的なイメージ通りではなく、あくまで合法的に復讐依頼をして恨みを晴らすにはどうしたら良いのか?というのを追求したブログです

料金後払いの業者を探すくらいなら復讐依頼をするな

消費者の安心感を誘う謳い文句として料金後払いという制度があります。


が、復讐依頼においてそんな不安を抱くくらいなら業者に依頼なんかするなという話があります。



結局のところ復讐依頼というのは物を買う訳ではありません。


あくまでも業者が動いて復讐行為をする為の対価として料金を支払います。


つまり料金後払いを探している=業者が代行してくれる復讐行為が信用ならないから後払いにしろと言っている訳です。


それで復讐が成功すると思いますか?



業者からしてみれば「お前は信用ならないから後で料金を払う」と言われているに等しい話です。


流石にこれは冗談にしては笑えないでしょう。


そもそも信用できないような業者に復讐を依頼して成功に導けというのは矛盾しすぎです。


料金後払いを探すよりも信頼できそうな業者を探すべきなのは明白ですね。

復讐依頼はネットからの連絡が基本

基本的に復讐依頼ができるような人物・業者と個人的な繋がりがない限り、復讐依頼はネット経由で行うのが常です。


というのも復讐代行業者というのはイメージばかり先行して法的にダメなんじゃないかとか言われていますが、存在自体は全くの合法です。


依頼者の要望を代行するだけですから、便利屋とか何でも屋と形態が一緒なのです。


復讐に特化しているので家事代行など専門分野を代行する業者と同じと捉えた方が分かりやすいでしょうか。


あくまで復讐が法に触れてしまうのは復讐に不法行為が含まれる時に限られます。


というか何気なくやっても合法なのに復讐だと違法な行為というものが存在する訳がありません。



つまるところイメージが先行しすぎているが為にダーティーな復讐屋も結局は世の中の業者の1つに過ぎません。


が、そのイメージが災いしてネット上に自分たちのホームページを公開することでしか集客手段がないようです。


だからこそ復讐依頼をするにはネット上から連絡するしか手段がないということになります。



もちろん電話番号が掲載されていれば電話で問合せをしても問題ありません。


が、多くの業者はいたずら対策で、まずはメール問合せをするように誘導しているところが多いです。


こういうところに連絡するのを躊躇する方も少なくないでしょうから、まずはフリーメールなどを取得して連絡すると良いでしょう。


仮に万が一があったとしても捨てられるアドレスというのは安心できるでしょう。


捨てられる電話となるとプリペイド携帯になりますので、そちらよりは遥かに手軽ですし簡単に取得できる点もオススメです。

復讐依頼にかかる料金はある程度計算できる

復讐依頼を復讐屋にする場合、当然ながら料金がかかります。


しかし復讐屋というのは業者数が少ないですし内容が内容なので相場感も殆どありません。


ただ料金の目安が出せない訳ではありませんから、簡単な計算例を考えてみましょう。



様々な依頼者からそれぞれ違うような依頼を受ける業者というと探偵と何でも屋(便利屋)あたりが有名です。


それらの値段感というものを見ていきたいと思います。



探偵の場合、1人の人員を丸一日動かすような案件だと5万円前後の料金が必要となります。


おおよそ15時間×3,000~4,000円ほどという計算になるようです。


何でも屋の場合、1人あたり1時間2,500~3,500円ほどの料金になるようで、探偵よりは専門性が低いので値段も低いという計算になるようです。



さて、復讐屋の場合は探偵よりも業者が少ない=専門性が高い可能性もあるので探偵よりも高くなる可能性が大きいということになります。


少なく見積もって1人1時間あたり4,000~5,000円ほどは考えておかないと駄目かもしれません。


そこから丸1日動く必要がある案件の場合、最低でも5~6万円はかかるという計算になります。


もちろん複数人でかつ複数日で動くとなると倍々計算になっていきます。


これらを目安にある程度の金額を考えておき、あまりにも差がある場合は詳しく聞くなどすると良いかもしれませんね。

  • ライブドアブログ