復讐依頼をしたら即実行してくれると考えている方はいないと思いますが、自分が考えているよりも動きが遅かったというケースは多いと思います。


しかしそんな時に業者を急かすことは一番やってはいけないどころか、誰も得をしないということを覚えておいた方が良いでしょう。


なぜそう言えるかというのは、結局のところ復讐依頼の性質に対して考えてみると導くことができるからです。



まず復讐依頼というのは分かりやすい業種で言えば引越し屋のようなものだとイメージしてみると良いかもしれません。


部屋の下見をして荷物の量を割り出し、引越し先と現住所の距離を依頼主から聞いて見積もり、そして双方に折り合いがつけば日取りを決めて契約、実施日にいざ引越しです。


この流れは復讐依頼と非常に似ているものでターゲットの情報や復讐内容などを伝えて工作のプランを決定後に見積もり、双方が納得する金額で契約、そして実行です。



ここで盲点なのは似ているにしても契約前はおろか契約後も実行日を聞かないままでも済んでしまうという点で、聞かないでおくと思っているよりも遅いという心理になってきます。


しかし復讐を実行する業者側は実行日を決定しているのは当然のことで、すでに決めているのに急かされてしまっては良い気分はしないでしょう。


あまり質の良くない業者であれば適当な対応になってしまうでしょうし得をする方は誰もいないということになります。


だからこそ急かすくらいなら実行日を聞くくらいの対応をしなければいけないのでは、ということになるのです。